民事再生に向いている人

住宅ローン民事再生は、三種類ある債務整理の中の一つの債務整理の方法なのですが、それぞれが全く違った債務整理の方法ですので、自分がどのタイプで債務整理を行うのかはとても重要な問題になります。民事再生は、どのような方が利用している方法なのかというと、最初に任意整理を行おうと利息の引き直し計算をしたけれど、それでも返済が困難であったケースです。もう一つの債務整理の方法になっている自己破産との兼ね合いになってくるのですが、民事再生を利用する方の場合には、どうしても自己破産は避けたいという方が民事再生を選んでおります。

民事再生が選ばれるもうひとつのケースとしては、住宅ローン以外にも同時に借金を抱えている状況で、住宅ローン以外の返済を続けていけなくなったケースです。もう一つの債務整理の方法でもある自己破産を行ってしまうと、住居などの不動産の売却が必須になってくるのですが、民事再生を使用すれば、住宅などの不動産を手放す事はありません。民事再生後には、住宅ローンを返済しながら、民事再生によって整理されたその他のローンを支払っていく事が出来るのです。三者三様の債務整理の方法ですので、自分の置かれた状況を整理して整理して生活を再建して行けるのです。

民事再生のメリット

借金の整理民事再生のメリットで最も大きな物は、土地や不動産などの高額な財産を手放すことなく、借金を整理する事ができることになります。同じ債務整理の中でも自己破産を選んでしまった場合には、借金などの債務が全てゼロにする事が出来ますので、それ以上返済しなくてもよくなるのですが、そのかわりに不動産や高級車などの高額な財産であったり、預貯金などは処分しなければいけなくなってしまいます。しかし、民事再生を選べば住宅ローンなどは減額する事はできませんが、他の借金を整理する事によって、大幅な減額をする事が可能になってくるのです。もちろん自己破産とは違い、民事再生を行った後の借金は完済しなければいけませんが、これは大きなメリットであると言えます。

また、任意整理では返済ができないような状況ではあるけれども、自己破産をする事が出来ないという特殊な事情のある方にもメリットが大きいと言えます。追い込まれてはいますが、借金を減額してくれる幅が任意整理と比較した場合に、かなり大きくなるケースが多いからです。債務整理には、任意整理や自己破産などもありますので、これらの他の方法と比べてメリットが大きいと思った方は、ぜひ民事再生を利用する事をおすすめします。

債務整理の種類

民事再生は債務整理の一種です。この民事再生の特徴としては、一軒家やマンション、高級車などの財産を所有したまま、大幅に借金を減額する事ができる債務整理になります。借金がどの程度減額されるのかと言うと、借金の額や保有している財産によってかなりの差がありますが、任意整理よりは大幅に減らす事ができます。基本的に民事再生を行ってから3年の間に減額された借金を分割して返済していく事になります。きちんと減額された後の借金を完済する事が出来れば、民事再生の対象となった借金については、法律上返済する義務が免除されるという債務整理になります。

民事再生民事再生は、同じ債務整理の自己破産のように全部の借金の返済義務がなくなるわけではありませんが、自己破産のように所有している持家などが処分される心配がありません。他にも自己破産のように一定の職業に就けなくなったりもしませんので安心です。

債務整理には任意整理と今回紹介している民事再生、自己破産の三種類があるのですが、それぞれ内容が全く異なりますので、しっかりと確認してから、自分がどのような債務整理を行うべきかを決定する必要があります。そこでこちらでは、自己破産と比べて知名度はありませんが、利用価値の高い民事再生のメリットやデメリットなどの基礎的な情報から、民事再生はどんな方におすすめなのかなど、これから債務整理を行う方に、ぜひとも知っておいて欲しい内容についてご紹介させて頂きます。